職場のギフト|本当に喜ばれる贈りもの選び応援サイト

menu

職場の様々なシチュエーションで贈り物をする際、年代に合ったギフトをきちんと選べているか、持ち運びに不便ではないか、渡すタイミングはどうするかなど、気遣うことがたくさんあり大変ですよね。・・・とはいえ、まずは何より相手に喜んでもらえるギフトを選びたいものです。当サイトでは、最新の職場向けギフト、斬新で個性的なサプライズプレゼントなどの情報もまとめています。職場のギフト選びの参考にしてみてくださいね。

職場のギフト

相手が喜ぶギフト選びのコツ

もらった瞬間に嬉しくなるギフトを贈りましょう

ギフトは相手のことを考え、受け取る人が喜んでくれる物を選ぶことが大前提です。仲が良く、冗談も通じるお友達同士なら面白グッズでも良いかもしれませんが、職場のギフトとなると選ぶものも慎重になりますよね。

受け取った人がそのギフトをもらった瞬間に笑顔になれて、  素直にもらって嬉しいと思えるものをギフトに選びましょう。

 

持ち運びしやすいものを選びましょう

職場のギフトはその場で渡して終わりではなく、配慮の気持ちも欠かせません。あまりに大きいプレゼントだと持ち帰るのに苦労したり、帰宅してから置き場所に困ってご家族を悩ませてしまう可能性もあります。

職場のギフトでは受け取った人が持ち帰りやすく、家にも保管しやすい、実用的なものや飾りやすいものを選ぶようにしましょう。

 

処分に困らないものを選びましょう

大きい花束はもらった瞬間は嬉しいものですが、萎れて処分しなければいけない時にどうしても心が痛んでしまいます。ギフトを贈る側が工夫して、受け取る方がもらって良かったと思えるのが理想です。

花束の代わりに、食用のエディブルフラワーはいかがでしょう?お菓子づくりに活かしたり、ジュースに添えれば消費もできるうえ、斬新でSNS映えすること間違いなしです!

 

こんなにワクワクするギフトが!?最新のギフト事情

体験型ギフトで非日常をプレゼント

最近は、体験をプレゼントするという新しいギフトの形もあります。山登りや釣り、クルージングなどは日頃仕事に忙しいとなかなかできない体験です。休暇と一緒にこうした体験型のギフトをプレゼントすれば、休みの日の過ごし方もさらに有意義になるかもしれません。

もちろん、ギフトを受け取る人の趣味に合わせて、ライブイベントのチケットや、定番ですがディズニーリゾートのペアチケットなどをプレゼントするのもおすすめです。

名入りギフトで思い出をずっと残せる

ギフトには、時間とともになくなってしまう花束や体験型ギフトのようなものの他に、ずっとその人に使ってもらえる名入りギフトがあります。ステンレスマグやマグカップ、ボールペンやタンブラーなどにも名入り加工できるサービスがありますので、その人のよく使いそうなものを名入りギフトにすれば、思い出にも残る上に、実用的で良い事づくしです。

仕事において、実用性や機能性を重視する人にはこうした贈り物のほうが心に響くでしょう。

お部屋や職場のデスクが美しくなる花系ギフトも進化

お花のプレゼントも従来に比べるとかなり進化しており、ガラスのきれいな容器に入ったプリザーブドフラワーや、ハーバリウムのセット、科学的に不可能だった青色のバラを使った花束なども選択肢の一つとして考えてみるのも良いでしょう。

バルーンフラワーや、正方形の箱に入ったボックスフラワー、食用にもできるエディブルフラワーなどもオススメです。

デスクにちょこっと置いて飾れるお花のギフトも増えており、アロマテラピーも兼ねているものもありますので職場のギフトを選ぶ時にはじっくり吟味してみてください。

 

 

きっと喜ばれるおすすめ職場のギフト5選

祝い竹炭

特徴

祝い竹炭は「祝い竹炭」は、古くから縁起物とされている日本の竹炭を使用した贈答品です。消臭や電磁波の吸着、湿度調整などさまざまな機能性を備えています。

相場価格18,000円から30,000円
喜ばれ度
サプライズ感

総評

機能性あるインテリアとして、長い間楽しむことができます。水やりなども不要なので、贈られた方の手間もかかりません。少し個性的なギフトとして喜ばれることでしょう。

公式サイトはこちら詳細ページはこちら
ポーランド陶器

特徴

ポーランド陶器は、産地の名前をとってボレスワビェツ陶器とも呼ばれています。ボレスワビェツ近郊に採掘される陶土を使い、石膏型から形を成型します。成型されたものは手作業で表面を滑らかにしたり、取手をつけたりと、ひとつひとつが職人の手作業で進められていきます。

相場価格2,000円から16,000円
喜ばれ度
サプライズ感

総評

陶器のギフトは定番ではありますが、可愛らしい装飾と食器型の多さで人気のポーランド陶器は大人の女性に喜ばれること間違いなし!です。

公式サイトはこちら詳細ページはこちら
メッセージティーバッグ

特徴

緑茶の本場・静岡県から取り寄せをしている日本茶専門ネット通販・販売サイト「和茶俱楽部」の「お祝い専門茶ブランド(HARENOHI)」はティーバッグで感謝の想いを伝えるメッセージギフトです。

相場価格500円から14,000円
喜ばれ度
サプライズ感

総評

メッセージティーバッグを使って、普段伝えられない感謝の気持ちや、お祝いの気持ちをストレートに伝えるのも良いかもしれません。

公式サイトはこちら詳細ページはこちら
お箸

特徴

大正11年から箸づくりをしている「箸蔵」は、株式会社 マツ勘 が運営する箸専門店です。箸には個性があり、自由に選べるライフスタイルに合った箸をクリエイターがそれぞれのニーズに合わせて研究し、開発しています。

相場価格900円から60,000円
喜ばれ度
サプライズ感

総評

日常のシーンで欠かせない「箸」。クリエイターさんの作ったこだわりのデザイン箸を贈ってみるのはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら詳細ページはこちら
胡蝶蘭

特徴

胡蝶蘭の花言葉には、”幸せが飛んでくる”という意味があります。蝶が舞っているような美しい花弁を持つ胡蝶蘭は、鑑賞用としてはもちろん、職場ギフトとしても人気で多くの方から喜ばれています。

相場価格11,000円から100,000円
喜ばれ度
サプライズ感

総評

華やかな見た目の胡蝶蘭。飾りやすいコンパクトなタイプもあります。立札やメッセージカードを添えて贈れば、さらに気持ちが伝わることでしょう。

公式サイトはこちら詳細ページはこちら

相手の好みを事前にリサーチしておこう

職場のギフトを送る時には、受け取る側の好みをしっかりリサーチしておきましょう。お花が好きな人にはその人のイメージに合わせた色の花束を、スポーツ観戦が好きな人には好きなスポーツの観戦チケットを贈ればさらに喜んでもらえることでしょう。

名入りのお酒や体験型プレゼントも同様に、お互いに贈ってよかった、貰ってよかったと思えるように、ギフトを受け取る側が好きなものをよくリサーチしてギフトを贈るようにしましょう。

ギフトを贈った方々のお話

プロジェクトチームのリーダーに日頃の感謝を込めて

日々の売上維持や品質管理をするというプロジェクトチームに参加していました。そこのチームリーダーの方には本当に良くして頂き、しばらく同じプロジェクトでお会いすることはなさそうだったので、贈り物でお礼の気持ちを伝えたいと思いました。

その方が好きなものは日頃の飲み会でリサーチできていたのでほしいと言っていた電子タバコの名入りのものをプレゼントすることにしました。先日、SNSの投稿で使ってくれているのを見かけ、喜んでもらえたようで良かったです。

がんばっていた部下の仕事成功を祝って贈り物

昨年入ってきた新人が非常に熱く負けず嫌いで、上司の私にも噛み付いてくるくらいのやる気と行動力もある人材でした。失敗してもくじけないその部下の強さに惚れ込んで、仕事でもどんどん新しい仕事を任せ、結果が出たら思いっきり認めて褒めることを心がけていました。

その部下が先日、社内でも表彰されるような大きな成果を出したので、お祝いと労いの気持ちを込めてギフトを贈りました

結婚と退職をしてしまう世話になった同僚に贈り物

仕事が忙しく大変だった時にも一緒に乗り越えてきた相棒のような同僚が結婚を機に退職することになりました。彼氏とのトラブルで落ち込んだり、愚痴などもよく聞いていたので、無事に結婚できることになって自分のことのように嬉しくなりました。

そこで結婚のお祝いの気持ちを伝えるために名入りのシャンパンをギフトとして贈ることにしました。祝福の意味を込めて金箔入りのシャンパンを選び、二人の名前と入籍日をラベルに刻印してもらいました。サプライズで渡したところ、とても喜んでもらえました。

ギフトをもらった方のリアルな感想

花束をもらった30代女性の感想

会社で事務系の仕事をしている30代OLです。基本的に1日中PCに向かい、コーヒー片手に黙々と作業し、職場の皆の書類を遅延なく用意するという日々を送っています。ある日、同僚からサプライズで誕生日プレゼントをもらいました。

その時に頂いたのはハーバリウムの置物とデスクに置けるアロマも香らせられる小さいブーケ花束でした。毎日変わらない環境で作業していたので、少しでも華やかなものをデスクに置けるようになり、気分も上がって作業効率も少しアップしたような気がしています。

名入り酒と名入りグラスをもらった40代男性の感想

ほぼ毎日といってもよいくらいにお酒をたしなむ呑兵衛な私ですが、以前、娘に名入りのお酒と名入りのグラスを頂いたのが一番嬉しいギフトでした。

居酒屋に行くより家でお酒を呑むほうが落ち着きますし、自分の名前入りラベルのお酒とおしゃれな名入りグラスのおかげで家でお酒を飲むのがより楽しくなった気がします。

体験型ギフトをもらった30代女性のお話

私は、仕事が休みの日はロードバイクで散策に行ったり、山登りや釣りに行ったりすることが好きです。時々、上司に連れて行かれてゴルフをすることもあって、アウトドア好きだと知られていたためか、仕事で大きい成果を出せた時にギフトとして沖縄の海に潜るダイビングの体験ギフトをもらいました

それまで海に行くことはなかったのですが、有給休暇と一緒に2泊3日ほどの日程でダイビングを体験することができて、新鮮な経験を積むことができました。もし会社の仲間にプレゼントを贈ることがあったら同じような体験ギフトをプレゼントしたいとも思っています。

TOP