職場のギフトのプリザーブドフラワーが最適な理由

退職や昇進昇格など職場のお祝いシーンでは、花束やプリザーブドフラワーなどお花を贈る機会があります。生花の花束もステキですが、持ち帰ることやその後の世話のことなどを考えると負担がかかるため、最近は長持ちをし、持ち運びも簡単なプリザーブドフラワーをギフトとして選ぶ方が増えています。プリザーブドフラワなら生花とは違い、前もって用意することができるのでサプライズプレゼントにも適しています。

また、大きさも花束のようにがさばらず、コンパクトにアレンジすることができるので、男性でも抵抗なく持ち帰るでしょう。電車などの交通機関を使い、いつものように自宅に帰れるのもポイントです。さらにお手入れがラクというメリットもあります。水やりなどのお世話をする必要がなく、2~3年という長期間にわたって鑑賞できるのもプリザーブドフラワーが注目されている理由のひとつとなっています。

プリザーブドフラワーは手渡す瞬間が大事!

生花の花束は華やかさがありますが、手渡すまでにひたすら隠し続けるなどの手間もかかります。それと比べて、プリザーブドフラワーはコンパクトなのでサプライズギフトとしてプレゼントできるでしょう。プレゼントを贈りたい相手の好みに合わせてアレンジするなら、喜びや感動は倍増するはずです。最近はプリザーブドフラワーのボックスフラワーが職場のギフトに最適と人気です。見た目は箱ですが、中を開けると美しお花がびっしり詰まっているので驚きも大きいようです。また写真たてとセットになっているタイプやクリアフレームタイプなどバリエーションに富んでいるのも魅力と言えるでしょう。職場の人の退職祝いや昇進祝いにプリザーブドフラワーを贈ってみませんか?

プリザーブドフラワーをもらった方の感想

退職祝いで頂きました。長く残るものなので、いつでもお花を見る度に思い出します。
花束はすぐに枯れてしまいますが、形として残るので嬉しいです。
花瓶はいらないし、水やりもしなくていいのでとてもラクです。
プリザーブドフラワーは、会社から自宅まで持ち帰りやすくて良かったです。手入れがいらないギフトは嬉しいです。
置く場所を選ばないので、飾るのが楽でいいです。
花束は枯れると悲しくなってきますが、プリザーブドフラワーはしばらく枯れないのでもらって嬉しかったです。