男性は花のプレゼントをどう思ってる?

お花のプレゼントは女性のものというイメージがあるため、男性にお花を贈っても喜ばないのでは?と思っている方は少なくありません。では、男性はお花のプレゼントは嬉しくないのでしょうか?結論から述べるなら、お花をもらったことがある男性の半数以上が、嬉しかったとお花のプレゼントを喜んでいます。お祝いやイベントは頻繁にあるものではありませんし、その少ない機会でお花がもらえるのは、男性にとって特別なことと言えるでしょう。

しかし、お花自体は嬉しくても世話の仕方が分からない、飾り方が分からない、枯らさないように気をつかう、水やりの方法が分からない、花瓶がない、持ち帰るのが恥ずかしいなどの男性特有の悩みがあるようです。そこでおすすめなのが、男性には生花の花束ではなく、生花のように見えるプリザーブドフラワーがおすすめです。

プリザーブドフラワーの花束とは?

近年、生花ギフトよりもプリザーブドフラワーギフトの需要が高まっています。それは生花よりも長持ちすることに加え、水やりなどの世話をする必要がないからです。そのため、お花の世話の仕方がよく分からない男性にプレゼントするのに最適です。プリザーブドフラワーなら、世話をする必要がないので負担にならずに、自宅に持ち帰ったらそのまま飾るだけで楽しめます。また、枯れることがないので、生花と違い処分や手間もいりません。男性にギフトを贈る機会があるなら、家に飾れて邪魔にならないプリザーブドフラワーの花束を贈ってみるのがどうでしょうか?

アレンジが可能なプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは、生花よりも幅広いアレンジが行える魅力があります。もちろん、定番の花束も大人気ですが、枯れずにアレンジしやすい特徴があるプリザーブドフラワーなら、写真立てや花時計、ぬいぐるみなどと一緒にコラボしてアレンジすることも可能です。贈りたい相手やその家族に合わせて、バリエーションに富んだアレンジが可能なので、好みに合わせたギフトが贈れることも魅力のひとつと言えるでしょう。

さらに花粉もないので、贈りたい男性に花粉アレルギーがないがどうか気をつかわず問題なくプレゼントできるのもポイントです。医療施設によっては花粉を侵入させないために禁止されている生花でも、プリザーブドフラワーならお見舞いに最適なギフトとしても利用できるでしょう。