プリザーブドフラワーの魅力

お花は生き物です。そのため、生花やブーケは基本的に、その日限りしか楽しむことができません。ただし、目的使用後に押し花やドライフラワーに加工することで保存することも可能です。しかしその場合は、別途料金が発生することがほとんどなので、あらかじめ確認しておくことができるかもしれません。

一方、プリザーブドフラワーは、お花を特殊な技術で加工することで、まるで生花のような質感のまま長期保存することができます。保存方法にもよりますが、長ければ3年以上鑑賞することが可能です。生花に近い手触りをしているので、近年はプリザーブドフラワーをブーケにして女性にプレゼントする方が増えています。

女性へのプレゼントはプリザーブドフラワーのブーケタイプがおすすめ!

プリザーブドフラワーは上記でも少し触れたように、見た目の質感が生花に似ているため、生花のような美しさが味わえます。保存がきくので思い出を形に残すこともできるという魅力もあります。また、ブーケタイプのものは花束とは違い、持ち帰りやすく、抱えられる大きさなのでアレンジできるので近年注目されています。お花の色も一度脱色してから色を入れるので、オリジナリティ溢れる花色でオリジナルブーケをプレゼントすることができます。世界にたったのひとつしかないオリジナルブーケを贈るなら、女性の心をガッチリ掴めるでしょう。

持ち帰りやすいブーケタイプが人気

送別や昇進昇格、お祝いなどさまざまなシーンで花束が贈られます。花束をもらって嫌になる気持ちの人はまずいません。誰もが美しいお花を見て嬉しい気持ちになることでしょう。しかし、花束を頂いた後、それをどのように持ち帰ろうか・・と悩むものです。電車で自宅に帰る場合は、満員電車を避けて帰宅する必要がありますし、遠方先で花束を頂いた場合は、飛行機で花束を持ち帰らなくてはいけません。

いずれにせよ花束は持ち帰ることが難しいことは事実です。そこで、相手の持ち帰りやすさを考慮し、花束ではなく、コンパクトなブーケタイプのお花を贈ることができるでしょう。しかも生花ではなく、プリザーブドフラワーにすることで持ち帰りやすいことはもちろん、長期保存も可能です。次回お花を贈る機会には、生花の花束ではなく、持ち帰りやすいプリザーブドフラワーのブーケタイプをプレゼントしてみるのはどうでしょうか?