「体験ギフト」は贈りたい人の好みに合わせることが大切

「体験ギフト」は、贈りたい人に合わせたものを贈ることが何よりも大切です。「非日常的」な体験ができるこのギフトは、カタログ式のギフトが一般的となっています。ですから、カタログを受け取った相手はカタログを実際に見て、自分の好みや興味のあること、一度やってみたかったことなどを選べるのが一番の魅力となっています。

それは美や癒しが味わえるリラクゼーション施設での贅沢な時間、自然の中で思いっきり身体を動かす体験、ものづくりに取り組む体験、好みのデザインに仕上がるオーダーメイドシャツ体験、クルージング体験などさまざまです。予算に応じてカタログを贈ることができるのも魅力と言えるでしょう。

スポーツが苦手ならそれも配慮して!

体験ギフトのカタログには、体を動かす運動メインの体験を提供しているギフトもあります。それは乗馬やヨガ、ボルダリング、ランニング、ロードバイク、キックボクシング、卓球などのアクティビティな体験のみを提供しているものがあります。運動する機会があまりない人や身体を動かすことに生きがいや爽快感を感じる人などにとっては最適な体験ギフトとなることでしょう。しかし、人には個性があり、スポーツや身体を動かすことを苦手とする方もいます。スポーツが苦手な人にスポーツの体験ギフトをプレゼントしても、あまり喜ばれないかもしれません。ですから、贈りたい人の好みに合った無理のないギフト選びをするようにしましょう。

楽しみ方は人それぞれ

身体を動かすことには、ほかの何にも代えがたい爽快感や充実感が味わえるので楽しいものです。体験ギフトでは新しいスポーツに挑戦したり、運動不足の解消、心身リフレッシュできる乗馬などさまざまなニーズに対応しています。スポーツには向き不向きがありますが、きっとその人に合ったものが見つかることでしょう。もちろん、贈りたい人の好みに合わせた無理のないギフト選びが一番大切ですが、体を動かすことは爽快で、その楽しみ方は人それぞれ異なっています。

体験ギフトの一番の醍醐味は、「非日常」の体験ですから、老若男女問わずギフトとして喜ばれること間違いありません。職場でお世話になっている上司や退職祝い、昇進祝い、転職祝い、出産祝いなどさまざまなギフトを贈るシーンに、今話題の体験ギフトをプレゼントしてみるのはどうでしょうか?