知っておきたいお祝いの金額とマナー

結婚や出産祝いを頂いた方に対してお返しの内祝いをする場合、その金額が頂いた金額を上回ることはNGです。およそ半額程度の金額を目安としてお返しすることが一般的なマナーです。また、親族などから高額なお祝いを頂いた場合は、少し少なめの3分の1程度でも構いません。ただし、内祝いはお返しという意味ではありませんので、内祝いに添えるメッセージに”お返し”という言葉を使わないようにしましょう。さらに内祝いの品物には、紅白の蝶々結びの水引が付いている熨斗紙を使い、”内祝”と記載します。出産の内祝いなら熨斗に子どもの名前も記載し、名前の横にはふりがなをつけましょう。

内祝いに適したお品とは?

結婚や出産などのお祝いは、元々は身内のお祝いのお裾分けというスタイルを元祖としています。そのため、紅白まんじゅうなどの縁起物が多く利用されていましたが、時代の変化とともに現代では食べ物やタオルなどが贈り物として選ばれています。特に最近はより実用的でハイブランド、ハイクオリティな品物が喜ばれる傾向にあります。また、定番のお菓子に加え、自分ではなかなか買わない高級な食品類なども好まれています。贈る方の年齢や家族構成なども考慮し、喜んで頂ける品物を選ぶようにしましょう。

カタログギフトも便利!

どのような品物が相手に喜んでもらえるか分からない場合は、カタログギフトを贈るのはいかがでしょう。カタログギフトには一般的な商品が掲載されているものもあれば、グルメ系、ファッション系などジャンルに特化したカタログギフトもあります。たとえばグルメに興味があることを知っていてもどのような食べ物が好きなのか分からないなら、グルメに特化したカタログギフトを贈ると喜ばれることでしょう。また、カタログギフトは幅広い価格帯で金額が設定されているので、高額のお祝いのお礼にお品でお返しが難しいというケースにも便利です。さらに商品券など額面がはっきり分かることに抵抗がある方にもカタログギフトはおすすめです。自分の好きなものを選べるカタログギフトは見ているだけでも楽しいですし、本当に必要で好きなものがプレゼントできるので失敗がありません。適した品物が分からないなら、カタログギフトという選択肢も考慮してみるのはどうでしょうか?