退職時のお礼のマナーとは?

結婚や妊娠・出産、転職など職場を退職する際、お世話になった同僚や先輩たちに何かお礼をしたい!と多くの方が思われることでしょう。では、社会人としてどのように職場にお礼をすればよいのでしょうか?”立つ鳥跡を濁さず”という言葉があるように、退職する際には、今までお世話になった方々に感謝の気持ちを伝えることが一般的なマナーです。社内の人はもちろん、取引先の方にも後任の紹介を兼ねてしっかり挨拶することは大切です。その際、言葉で感謝の気持ちを伝えることに加え、モノを形として感謝の気持ちを伝えること適しています。では、どのような品物を贈ればよいのでしょうか?

退職時に贈って喜ばれるプチギフトとは?

感謝のお礼の品物を選ぶ際、性別や年齢を問わず、できれば”消えるもの”が良いといわれています。同じ部署の人など全員にプチギフトを贈りたい場合は、プチギフトの定番に箱入りのお菓子が挙げられます。個包装のお菓子はそれぞれのデスクや持ち場にも持っていきやすく配りやすいのでおすすめです。特に上品で美しい焼き菓子なら、感謝の気持ちがしっかり伝わることでしょう。また、ドリンクプチギフトもおすすめです。職場での休憩時間に淹れることができるちょっと高級なティーバッグの紅茶やスティック型のティーバッグ、ドリップコーヒーなどをステキにラッピングして贈ることもできるかもしれません。

プレゼントすると喜ばれるお礼ギフトとは?

全員に渡す場合はお菓子などが適していますが、特にお世話になった人だけにお礼をしたい場合は、500円~1,000円の予算を目安にプチギフトを選ぶのはいかがでしょう。あまりにも高額なものは相手が恐縮してしまうので、避けるようにしましょう。女性に渡すのであればタオル、ハンドクリーム、ハンカチなどが挙げられます。また、ちょっとしたブランドの高級チョコレートなどは男女問わず喜ばれます。印象的なラッピングやパッケージにすることでオリジナリティも出せますし、プチギフトと一緒にメッセージカードでお礼をしっかり伝えることも忘れないようにしましょう。