接待で喜ばれる手土産マナーと選び方は?接待で喜ばれる手土産マナーと選び方は?

接待で喜ばれる手土産の選び方のポイントは、贈る相手のことをよく考えることです。それに加え、マナーを守ることも大切です。まず1つ目のマナーとして、小分けにできるタイプを選ぶことです。先方は会社に持ち帰ると、オフィスのみんなに配ることがあります。個包装になっているなら簡単に分けることができるでしょう。2つ目はかさばらないことです。接待後、電車などの交通機関を使用する方もいるので、持ち運びがしやすいコンパクトな手土産にしましょう。そして最後は型崩れしないものを選ぶことです。生ケーキや和菓子などは形が変わりやすく崩れやすいので手土産には避けることが無難でしょう。これら3つのマナーを守りつつ、センスのある手土産を選ぶことでお客様との今後の関係をグッと縮めることにつながります。

接待で喜ばれる手土産とは?

・社員数が多い取引先の場合
社員数の多い会社への手土産には、好き嫌いが少なく誰からも好まれる焼き菓子ギフトがおすすめです。数が多くてもかさばらずコンパクトな上、軽いので焼き菓子がオススメです。

・女性が多い取引先の場合
女性が多い職場への手土産には、女性が喜ぶようなスイーツを手土産として選んではいかがでしょう。味はもちろん、見た目も華やかでお洒落な彩りのあるスイーツをギフトに選びましょう。

・年配の方が多い会社の場合
社内に年配の方が多い会社への手土産には、パッケージの華やかなおせんべいや和菓子などがおすすめです。

・多忙な取引先の場合
多忙な仕事をこなしているにも関わらず、打ち合わせの時間を割いてくれている取引先には、ドリンクの手土産が最適です。忙しいとお菓子を落ち着いて楽しむ時間がないかもしれませんが、紅茶やコーヒーであれば忙しくても十分楽しめるでしょう。オフィスの定番ドリンクですから、喜んでもらえること間違いありません。

相手のことを考えて手土産を選ぼう!

接待の手土産は、”これからもよろしくお願いします”というメッセージが込められています。ですから、取引先に合わせて手土産を選ぶことはとても大切です。つまり、誰に対しても同じ手土産では、気持ちは伝わりません。あなたの会社とお客様の会社との信頼関係を強めるためにも、手土産選びを慎重に行うようにしましょう。