職場での定番ギフトと言えば「ギフトフラワー」

上司や先輩など同じ職場に務めている方にギフトを贈る機会があるならば、定番の「ギフトフラワー」は必ず喜ばれます。お花は自宅に持ち帰って飾ることもできますし、何よりももらったときに華やかさがあります。その際、あまりにも大きなギフトフラワーを贈ると、持ち帰りがとても大変なので、持ち帰りやすさも考慮したサイズ選びをすることは大切です。

また、あまりにも高額なものは、お返しなどで気を遣わせてしまうことも明記し、程よい価格のものをプレゼントすることができるかもしれません。園芸が趣味でなくても、美しいお花を見て嫌な気持ちになる人はいませんし、見ることで人の心を和ませ、自然と笑顔にしてくれるのがお花の魅力です。メインのプレゼントにお花をプラスできるのもギフトフラワーの良いところと言えるでしょう。

バリエーションに富んだギフトフラワー

ギフトフラワーというと花束というイメージが強いです。実際、多くの場面の贈り物として花束が活躍しています。最近は、デザイン性の高い花束も増えており、昔から現在に至るまで根強い人気を誇るプレゼントの定番と言えるでしょう。お花の量や大きさがお得な花束は、もらったあとも花瓶に生けたり、ドライフラワーにしたりなど楽しみ方も選べるのも魅力となっています。

しかし、ギフトフラワーは、花束だけではありません。フラワーアレンジメントやボックスフラワー、鉢花、プリザーブドフラワー、スワッグなどバリエーションに富んだギフトフラワーが存在しています。贈りたい相手の趣味や贈る目的・用途などにピッタリのギフトフラワーを贈るなら、心に残る最高のプレゼントになるでしょう。

サプライズ感を演出したいなら「ボックスフラワー」

彩り豊かにアレンジしたお花を箱の中に詰めたボックスフラワーは、フラワーアレンジメントとして職場でも人気です。定番ギフトのお花でも、ボックスフラワーならサプライズ感を演出することができます。箱に入っているので職場でも隠しやすいためサプライズに最適である上、簡単に持ち運びができるというメリットもあります。ボックスフラワーには生花とプリザーブドフラワーを使ったものがあります。生花ならお花ならではの香りや美しさを楽しめるのでおすすめです。

職場の人へのギフト選びで悩んでいるのであれば、ボックスフラワーを選択肢として検討してみるのはどうでしょうか?

公式サイトをチェック