コンビニでも買えるギフトコードはお手軽で人気!

職場の人にどんなギフトを贈ったらいいのだろう・・と悩んでいるなら、だれもが貰って嬉しいコンビニでも買えるギフトコードがおススメです。コンビニでは「iTunesカード(アップル)」「Amazonのギフトカード」「楽天ポイントギフトカード」「Google Playカード」などのギフトコードが販売されています。

iTunesカード:1,500円、3,000円、5,000円、10,000円と金額が固定されているカードと、1,500円~50,000円までの間で自由に金額を設定することが可能なバリアブル(変化できる)タイプのカードが販売されています。
Amazonのギフトカード:コンビニではカードタイプ、シートタイプ、チャージタイプの3種類が販売されています。カードタイプは3,000円、5,000円、10,000円、20,000円の固定タイプと、1,500円~50,000円で自由に金額が指定できるバリアブルタイプがあります。シートタイプは2,000円、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円、25,000円で用意されており、店舗にある端末機から購入できます。
楽天ポイントギフトカード:3,000円、5,000円、10,000円の固定タイプと、1,500円~50,000円で自由に金額が設定できるバリアブルタイプがあります。
Google playカード:コンビニで購入できるGoogle playカードは、1,500円、3,000円、5,000円、10,000円、15,000円、20,000円となっています。

年々売り上げを伸ばしている電子ギフトコード

コンビニでも手軽に販売されている電子ギフトコードは、ネットショッピングをする際にとても便利ですし、特定の商品を購入する際にも欠かせないものです。そのため、近年電子ギフトコードの売り上げは伸びており、ギフトをしてプレゼントする方も増えています。用途に応じて使い分けるのが一般的なので、ギフトコードを贈りたい人に合ったギフトコードを選ぶことがポイントとなってきます。つまり、Androidを使っている人にiTunesカード(アップル)を贈っても喜ばれません。是非、贈りたい人の用途や目的に合ったギフトコードを選びましょう。

電子ギフトコードを贈った方と受け取った方の口コミ

・「とても実用的なギフトで助かります。」
・「会社のビンゴ大会の景品として購入しました。好評でした。」
・「コンビニで購入できるのでとてもラクです。」