「TAKESUMI」とは?

「TAKESUMI」は、開店、開業、開院、移転、就任、上場、お誕生日、ご結婚、就職、退職、送別などのお祝いの席に、縁起物として名高い「祝い竹炭」をギフトとして提供しています。今まではお祝いの花というと胡蝶蘭を贈ることが慣習となっていましたが、同じお祝いのお花ばかりだとお祝いの気持ちが伝わりにくかったり、贈られた後は水やりなどの手間暇がかかるというデメリットがありました。それに加え、枯れてしまうと破棄されてしまいます。一方、現在注目されている「祝い竹炭」は、古くから縁起物と割れており、日本の竹炭を使用している贈答品です。贈る相手にお祝いの気持ちが伝わることはもちろん、個性を主張することもできます。メッセージと共に祝い竹炭を贈ることが可能です。

「祝い竹炭」の特徴とは?

祝い竹炭は消臭や電磁波の吸着、湿度調整などさまざまな機能性を備えています。機能性あるインテリアとして、長い間楽しむことができます。水やりなどの手間ヒマも不要なので、とても管理がラクなことも祝い竹炭の特徴と言えるでしょう。TAKESUMIの祝い竹炭は、日本の竹炭を使用しており、森林保護にも貢献しています。

竹炭は日本の優れた知恵と文化のひとつとして知られています。日本の方だけでなく、海外の方からも喜ばれている今注目の職場ギフトです。

祝い竹炭を利用した方の声

今まで弊社では、お祝いの席には他社同様胡蝶蘭を贈っていました。しかし、送り先の社長のところへ行ったところ、胡蝶蘭であふれかえっており、弊社の胡蝶蘭を見つけようとしましたが見つけることができませんでした。そんな時、祝い竹炭の存在を知りました。祝い竹炭には日本文化のひとつでありながら、さまざまな機能性に富んでいます。今後、取引先には祝い竹炭を贈り、他社と差をつけていこうとおもっています。(50代・男性)
当社はいわゆる外資系の会社です。そのため、海外からエグゼクティブが来られることもあるため、祝い竹炭は多くの方に注目されました。日本ならではの文化とさまざまな機能性が魅力的なギフトだと思います。(30代後半・女性)
先日、当社は引っ越しをしました。その際、多くの取引先の方から胡蝶蘭を頂きました。お祝いのお花は嬉しいですが、総務部にとってはお花の水やりや管理、枯れた後の吐き処理などいつもの業務のほかに作業が発生します。このような手間を避けるために、ほかに違うサービスはないだろうか探していたところ、祝い竹炭のことを知りました。弊社ではそれ以来いつも祝い竹炭を利用しています。(20代後半・女性)

公式サイトをチェック